今すぐお金が必要!

今すぐお金が必要なときの対処方法

キッャシングで借りる

友人知人に知られない様に借りることが可能です。但し審査があります。

家族に借りる

貸してくれる家族がいれば最善の方法です。
直ぐに連絡をとって、自分の口座に振り込んでもらい、ATMでキッャシングすればいいですね。

友人に借りる

絶対返せること、それだけ深い付き合いの友人がいることが必要です。
ただし、信用を失ってしまうこともあります。
失った信用はお金では買えませんから、友人にお金を借りることはお勧めしません。

今すぐ稼ぐ

今すぐ稼ぐことができるのであれば、逆にキャッシングで一時しのぎするのが正解。
1日〜2日であれば、大して金利はつきません
無利息のところであれば30日無利息です。
その間に稼いで返済すれば、利息を払う必要もないのです。
日雇いのバイトなど一日で1万円近く稼ぐ方法はありますが、探す時間を考えたら、まずは借りてその場をしのぐ方が精神的にも楽です。

まずはあとくされない業者借りた方がいい

自分の周りの信用度を落とさずに済むように、貸金業ゃからキャッシングしましょう。

 

返せるお金であれば、消費者金融を怖がる必要はありません。

 

金利が高いと言っても、5万、10万円程度を、数か月ぐらい借りる程度であれば、

 

友人知人にお金を借りて、お礼をする方が却って高くつくぐらいの利息です。

 

また、借りたことで、悪いうわさが立ったり、信用を落としてしまったらその方が取り返しがつきません。

 

即日キャッシングも時間帯次第で可能ですから、まずは借りて一段落付けてから

 

返すためにお金を稼ぐことを考えるようにしましょう。

ここがポイント今すぐお金を借りる時!

申し込む時の”時間”に注意しよう!

今は多くのカードローンが即日キャッシングに対応可能で申し込み方もとても手軽になっています。

 

スピーディーな審査に加えて、インターネットでの申込など様々なサービスを展開しているので上手に利用すれば、直ぐにお金を借りることはできます。

但しいつ申し込んでも直ぐ借りられるわけではありません。

 

今すぐお金が必要ならば、申込みの完了だけでなく、審査もその日のうちに完了しておく必要があります。

 

そのためには申し込む時間について注意を払う必要があります。

 

できれば余裕をもって午前中には申し込みを済ませておきましょう。

 

そして、殆どの業者がネットでの申込みが一番早く契約できます。

直ぐにお金が借りられるキャッシング会社は下で紹介しています。

申し込む前に必要な書類を揃えよう!

当然ですが申込書だけを提出すれば、それだけで融資が受けられるというわけではありません。

 

審査に必要な書類を揃えなければ契約を完了させることはできません。

 

審査そのものにかかる時間は最近では非常に早くなっていますが、書類の提出に時間がかかれば審査が完了できません。

 

最低限度必要な書類としては、本人確認のための身分証明書ですが、ノンバンクでは50万円を超える場合は所得証明が必要になります。

 

50万円以上必要なら、2つの業者から30万円ずつ借りた方が手続きは早いかもしれません。

銀行よりノンバンクが早い

50万円以内の限度がでの申込みであれば、プロミスやアコムといったところのノンバンクの方が早く契約できます。

 

銀行カードローンでも一部最短30分程度で審査するところもありますが、今は銀行カードローンの貸しすぎが問題視されて、すぐに融資する銀行はほとんどありませんので、今すぐ必要ならばノンバンクを利用しましょう。

 

無利息を利用すれば、3か月程度の借入なら、銀行より少ない利息支払いで借りられます。

 

直ぐにお金を借りるために必要なポイント
  • ネットから申込をするのが一番早い。(即日振込はWEB契約限定の所もあり)
  • 午後2時までに契約できるようにできるだけ午前中に申し込みをする
  • 50万円以内の限度額で申込をする。(即日振込を50万円以内の契約とするところもある)
  • ATMでキャッシングしたい場合はネットで申し込んでから無人機でカードを受取る
  • 知名度の高いノンバンクから借りた方が安心

直ぐお金が借りられるキャッシング会社はここ!

ATMや窓口に行かなくてもキャッシング可能

無人機出カードを受け取らなくても、カードなしで、銀行口座に振り込み融資できるので、家から一歩も出ずに、今すぐお金を借りることも可能なカードローンを紹介します。

アコム

満20歳〜満69歳の安定した収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方

即日振込可能

平日14:00までにオンライン契約が完了していれば即日振込みが可能。銀行カードローンと違って振込先を選ばないので便利。(年末年始期間を除く)

即日カード発行可能

アコム全国に展開する多数の店舗・ATMを駆使してオンライン契約が完了すれば即日カード発行が可能な上に、キャッシング機能付クレジットカード『アコムマスターカード』も即日発行可能。カード発行ができればその場で手数料無料で引き出しが可能。

30日間利息0円

契約完了翌日から30日間は利息がゼロです。今すぐお金が必要な人ならこの利息ゼロはありがたいはずです!


アコムランキング理由

最短30分で審査回答⇒営業時間内なら審査結果は最短30分でメールや電話で連絡

アコム詳細情報

 

プロミス

満20歳〜69歳迄で、ご本人に安定した収入がある方。パート・アルバイトの方もOK

即日振込可能

平日14:00までにオンライン契約が完了していれば即日振込みが可能。

即日カード発行は?

プロミスの全国に展開する多数の店舗・ATMを駆使してオンライン契約が完了すれば即日カード発行が可能です。カード発行ができればその場で手数料無料で引き出しが可能。スマホでポイントサービスに申込めば即日初回30日無利息サービスの利用も可能。(30日無利息サービス※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。)


*プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランド名です。

プロミスランキング理由

契約完了後、三井住友銀行またはジャパンネット銀行の口座であれば、金融機関休業日の土日でも振込キャッシングが可能です。「※年末年始期間を除く」

プロミス詳細

 

SMBCモビット

年齢満20歳〜69歳の定期収入のある方・パート、アルバイト、学生、主婦も可能

即日振込の条件

SMBCモビットの場合の即日振込の条件は平日14:50までに振込手続きが完了ということになっています。

 

この為にはオンライン契約を14:00頃までには済ましておかなければならないので条件はプロミス・アコムとほぼ同じ。

即日カード発行は?

SMBCモビットの場合プロミスやアコムほどのローン申込機はありませんが、都会で探すのに困るほど少なくありませんので問題ありませんしWEBからの申し込みができます。

 

ローン申込機でカード発行できればその場で融資可能。三井住友銀行または三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行普通口座を持っていれば、自宅から一歩も出ずに、完全にWEBだけで契約が完結する人気の『WEB完結』という申し込み方法もあります。


 

SMBCモビットランキング理由

無利息期間がないのは残念ですが、完全にWEBだけで契約が完結する申込み方法があるのはここだけです。

 


SMBCモビット詳細情報

 

ページトップへ戻る

直ぐにお金が必要なときの借り方

今すぐお金が必要場合の方法は?すぐお金を借りる3つの手段

 

借金の返済や欲しい商品が販売されているときなど、今すぐお金が必要だと思えるような場面はいくつかあります。

 

お金が必要なら、銀行からお金を下ろせば良いように思われますが、持っているお金で対処できないなら借りたほうが良いでしょう。

 

すぐにお金が必要な場合には、3つの方法によって借りることができます。

 

どれも即日融資を受けられる可能性は持っていますが、審査を受けないと借りられないサービスですので、借りる際は審査の対策も進めておきましょう。

 

すぐお金を借りる方法1:消費者金融を使う

消費者金融は、昔からお金を借りるためのスピードが早いとされています。

 

有名な会社としては、アコムやプロミス、モビットなどがあります。特にアコムとプロミスは、消費者金融では知名度も高く、提供している商品も増えており、企業スポンサーとして活動していることもあります。

 

消費者金融を使ってすぐお金を借りる最適な方法は、ホームページから申し込みを行います。

 

電話連絡でも申し込みは可能ですし、自動契約機も使えるのですが、公式申込みサイトにアクセスして、必要事項をネットで入力して送信したほうが、消費者金融のスタッフがすぐに対応してくれる良さを持っています。

 

ホームページから申し込みを行って、消費者金融のスタッフから電話による確認の連絡が終わると、30分程度で融資を受けられる仕組みです。

 

即日融資の場合は、14時までに審査を受ける必要がありますので、基本的に申込みは13時までに行ったほうが良いと考えてください。

 

15時以降になると、銀行振込の制限時間に引っかかってしまい、同じ銀行じゃないと振込対応が翌日になってしまいます。

 

消費者金融で最もいい方法は、インターネットから申し込みを行って審査を受けて、自動契約機からキャッシング用のカードを発行するものです。

 

キャッシングのカードを発行するだけなら、自動契約機で待たされることも少ないので、すぐお金を借りる事ができます。

 

お金の借入も自動契約機にあるATMから実施できます。

 

すぐお金を借りる方法2:銀行のカードローンを使う

2つ目の方法は、銀行のカードローンを利用するものです。

 

消費者金融のキャッシングと異なる点は、銀行の審査がやや厳しいことと、利用限度額がカードローンのほうが高くなっている面です。

 

銀行の審査は、消費者金融以上に厳しくみています。消費者金融の場合は、審査の基準をあまり高くしない代わりに、総量規制のよって借りられる額を制限しています。

 

銀行のカードローンは、総量規制が付けられていない代わりに、厳しい審査を行って融資を行ってもいいか検討されて、審査を通過できればカードローンが利用可能になります。

 

銀行のカードローンは、会社によって利用限度額がバラバラですが、最高1000万円近くの融資限度額のものもあります。

 

ただしいきなり上限のげんきで度額での申し込みをしてもよほど年収が高くないととおりません。

 

年収の3分の1ぐらいが限度額の上限と考えて申込みすることが重要です。

 

もちろんすでに借りている金額や持っているキャッシング枠なども考慮する必要があります。

 

借りていなくてもキャッシング枠を持っているだけで審査に影響しますからね。

 

2018年最新事情:銀行の即日融資はまず無理です

銀行のカードローンが総量規制がかからないことをいいことに、年収の2分の1や年収以上に融資を行っていたことが発覚しました。

 

これを受けて、銀行カードローンへの批判が高まり、銀行側が自主規制を行うようになりました。

 

総量規制以上や、即日融資などは行わず、審査がとても厳しくなり、今すぐお金が必要な人が申込みをするのは困難になりました。

 

すぐお金を借りる方法3:お金を持っている人に相談する

あまり推奨されていない方法で、他の人にお金を貸してもらいます。

 

すぐお金を借りる方法でも、会社を経由しないで行えるメリットもありますし、夜遅くても今すぐお金が必要と判断されているなら、連絡を入れて対応してもらうことできます。

 

ただ、友人などから借りるというのは、信頼性がとても大事になってきますし、借金の返済に使うから貸してくださいというのはほぼ無理なことです。

 

借りられる金額も限界がありますので、基本的にすぐお金を借りる方法としては使わないほうが良いでしょう。

 

個人に借りる方法では、危ない人につながってしまうこともあります。特にネットで簡単にお金を貸してくれるような人には警戒が必要です。

 

闇金業者というのが一番の問題で、中には個人で貸している人の中に、闇金業者が紛れ込んでいます

 

利用すると即日で借りられるのは良いですが、返済できないような利息が計上されてしまうので、危ない会社や個人に連絡を入れるのは止めましょう。

 

借りるなら消費者金融かカードローンを活用

今すぐお金が必要で、どうしても数時間の間に借りないと駄目な状況であれば、消費者金融を利用するか、銀行のカードローンへの申し込みを行ってください。

 

特に消費者金融は、1時間でお金を貸してくれる可能性がありますので、とても使いやすいでしょう。

 

審査の対策として、借金を抱えている人は正しく記載してください。電話連絡などもスムーズに応じて、電話で伝えられる間違っている情報は訂正してください。

 

後は貸してくれる会社が審査を通過させてくれれば、すぐにお金を借りられます。