友達にお金を貸してと言われた時の3選択肢

お金を貸して本当に問いと言われた時、3つの選択肢があると思います。

 

そのどれ本当に取るのかは、友達との付き合いの深さによるのだと思います。

 

もちろん、その友人とどれだけ深い付き合いをしているのか、そしてしていくのか・・・

 

そしてあなた自身の性格にもよるでしょう。

 

では、3つの選択肢についての回答をみてみましょう。

上手に断る方法

お金のやり取りはどんなに信頼している友人同士や親戚同士でもトラブルを起こす原因となる可能性があるので、絶対にお金を返してくれると判断できない限り、やり取りをする事はできるだけ避ける必要があります。

 

しかし友達からお金を貸してと言われたら、多くの方は金額によっては迷ってしまうことは少なくありません。

 

迷った挙げ句お金を貸してしまっても、いつ返ってくるかわからない状態を長期間悩むのは相手との関係を壊してしまうきっかけになってしまう危険があるので、

 

友達から万が一金銭面の貸し借りをお願いされた場合上手く断る方法を身につけておく必要があるのです。

 

角を立てる事なく、相手との関係に傷をつけないためには、何故お金を貸したくないのか相手が納得できるように話すことが重要になります。

 

そこでポイントとなってくるのが以前誰かにお金を貸したことで痛い目にあった事があることを伝える方法です。

 

「自分の家族にお金の貸し借りで大変な目にあった人がいるので、あなたを信頼していないわけではないが、

 

一切お金の貸し借りはしないようにしている」というトラウマや、経験談を具体的に話すことで相手を納得させることができます。

 

この時のポイントとして、その人に限らず誰にでも同じ対応をしている事を伝えることによって、相手を傷つけずに丁寧に断ることが出来るメリットがあります。
.
他にも「お金の貸し借りは人間関係を壊すきっかけになりやすい

 

あなたは私の大切な友人なのだから、これからも良関係を続けていきたい。

 

だからお金以外の事なら相談にのったり出来る限りサポートするよ」といった、金銭面でのサポートを最大限に行うことを約束することで、金銭面の貸し借りを遠回しに断ることが出来るようになります。

 

また嘘を相手につきたくないと思っている場合は、正直に普段の生活費でいっぱいいっぱいで、誰かにお金を貸す余裕がないなど、金銭面での余裕が無い状態を伝える方法も重要です。

返ってこなくてもいい金額を渡す

友達からお金を貸してと言われたら、どうして良いものか悩んでしまうことがあるものです。

 

そもそもお金を無心してくるような相手を友達だと思わない人もいますし、友達だからこそ困っているのであれば助けてあげたと考えることもあります。

 

しかし、金の切れ目が縁の切れ目とも言うようにどれだけ親しい仲であったとしても、

 

金銭トラブルが原因で縁が切れてしまうということもあるだけに、友達からの借金の相談は悩んでしまいます。

 

信用していた相手に裏切られてお金が返ってこないとなると二重にショックですから、トラブルを未然に防ぐという意味では貸さないのが一番です。

 

それはあまりにも困っている友達に対して冷たいのではと考えるのであれば、返ってこなくても困らない諦めのつく金額を渡してあげるのが良いでしょう。

 

お金を貸す時には返ってこないものとして考え、あげても良い金額にとどめておくといいますが友達相手であれば正にそのぐらいの金額にしておくのが返ってこなかったときのショックも少なくなります。

 

返ってこなかった時に友達相手に血眼になって返済を求めるような金額では、泥沼となってしまいますが諦めのつく金額であれば自分の人の見る目がなかったと諦めることができますし、相手にもなにか理由があって返済できなかったのだろうと割り切ることもできます。

 

生活に支障をきたすこともない金額ならば、日頃の贅沢を少し慎むぐらいですぐに戻ってきますから生活への影響も少ないといえます。

 

人間関係にヒビが入ることなく断ることができるのであればそれが一番ですが、貸すことになるのであれば返ってこなくてもいい金額を渡すのが鉄則です。

 

どれだけ信用できる仲であったとしても、金銭の貸し借りは人間関係を一度でぶち壊してしまうぐらいに影響の大きなものですから金額はよく考える必要があります。

 

友達同士でお金を貸し借りしたからと言って必ずしも人間関係が悪くなるわけではありませんが、悪くなってしまう原因にはなりやすいので注意しましょう。

金の切れ目が縁の切れ目

友達からお金を貸してと言われたら金の切れ目が縁の切れ目と、そのまま人間関係を切ってしまうという手があります。

 

金銭の貸し借りについては人それぞれ考えがあることでしょうが、金銭トラブルによる人間関係の悪化は親しい友達同士であっても珍しいものではないので、

 

借金の頼みをしてきた時点で切ってしまうというのは考え方としてなくはありません。

 

もちろん、出先での一時的な貸し借りは別ですからそのようなときには困ったときはお互い様ですが

 

そうではなく全く関係のないところで借金の相談をされたらその時点でおしまいと考えるのは、大きなトラブルを未然に防ぐひとつの方法ではあります。

 

あまりに非情と感じるかもしれませんが、ほんの僅かな金額でも人間関係がこじれてしまったというケースは山程ありますから、

 

お金を貸し借りするような人間と付き合わないというのは個人の考え方ですからおかしなことではありません。

 

予め公言をしていてそれでも頼み込んでくるような相手との関係をバッサリ切ってしまうのは、信念に基づいた行動ですから誰かに否定をされるようなものではないのです。

 

その一方で金の切れ目が縁の切れ目ということを理解した上で、返ってこなかったらそのときこそ終わりという気持ちで助けてあげるというのも悪いものではありませんから、一概にどちらがいいとは言えるものではないでしょう。

 

ただし、金の切れ目が縁の切れ目という言葉自体は間違ってはいなくて、どれだけ深い仲でも

 

僅かな金額で終わってしまうことは可能性として十分にあることだけはしっかりと頭の中に入れて置かなければなりません。

 

友達だからこそ絶対に貸し借りをしないというのも間違ってはいませんし、友達だから助けてあげたいというのも間違ってはいません

 

どちらも間違いではありませんが、人間関係に金銭が絡んでくるとこじれやすいということだけは忘れることなく、できるだけ問題が大きくならないように対処をしましょう。

さあ、あなたは、この3つのどの対処をしまうか?

 

逆にお金が今すぐ必要なときに、友達に借りようと思いますか?

 

自分が、貸してと言われた時の気持ちになってみることがいいと思います。