お金を返せない時の言い訳

初めから返せないお金は絶対に借りてはいけません。

 

あくまで、それがお金を借りるときの大是ではあります。

 

しかし、どうしても返せなくなることはあります。

 

そんな時は、逃げ出したくなるのも分かりますが・・・・

 

逃げずに、きちんと言い訳をすることも重要です。

 

借りるときは、その覚悟で借りなくてはいけません。

 

 

お金を返せない時の言い訳には苦慮してしまうものですが、一番いいのは理由をはっきり告げることと、返済が難しくなった段階ですぐに相手に伝えるということです。

 

無い袖は振れないわけですから、下手な言い訳をあれこれしたところで相手が納得するわけでもなく、

 

それどころか下手な言い訳は逆上させてしまいかねませんから、気をつけるようにしましょう。

 

一切言い訳をせずに返すことができないでは、それはそれで相手が納得しませんから、

 

なぜ返済をすることができなくなってしまったか簡潔に説明をする義務はありますが、それ以上余計なことは言わずにあとは謝罪をするのが一番です。

 

そのように言っても実際にお金を返すことができないときには、なんとか言い訳をしようとするものですが、方法としては時間稼ぎをするというものがあります。

 

お金はすでに用意をすることができたけれども、返済をするための時間がないので数日待って欲しいといったものです。

 

仕事の都合で時間が作れないといったように他に理由をつけて、お金があるけど時間がないということを伝えれば相手も待ってくれる可能性はあります。

 

ただし、何度も通用するものではありませんし、振込をするぐらい時間はあるだろうと言われると苦しくなるので、お金がないのにあるように振る舞うのは危険です。

 

別の言い訳としては急な出費が発生してしまって、返済ができなくなってしまったというものもありますが、

 

この場合返済が最優先であるはずですから、なぜ他の出費を優先したと突っ込まれてしまいかねません。

 

そこでさらに言い訳をすることができるのであれば、このような言い訳も立ちますがそれができないのであれば避けたほうが無難です。

 

最後は明らかに言い訳とわかる突拍子もないことを言って相手を呆れさせるという手もありますが、

 

このような場合その場を凌ぐことができても、返済が終わった後に人間関係も終わってしまう可能性があるので注意をしておきましょう。