クレジットカードのキャッシング枠を見落としていませんか?

金融機関に申し込んだけど審査に落ちてしまった>

 

でも今すぐお金が必要な時にはどうしたら?

 

そんな時にクレジットカードのキャッシング機能を確認してみましょう。

 

クレジットカードには「ショッピング」と「キャッシング」と言う2つの機能があります。

 

「ショッピング」とは、クレジットカードを利用して商品を購入することができる機能のことで「キャッシング」とは、消費者金融と同様の無担保の個人向け融資で、お金はクレジットカードの提携先のATM等で借りることができます。

 

しかしクレジットカードのキャッシングは無利息期間が付きません。

 

そして使っていないキャッシング枠が、総量規制を超えていて、消費者金融の審査に通らなかった可能性があります。

 

だったら、クレジットカードのキャッシング枠を外してしまった方がいいですね。

 

持っているクレジットカードすべてを確認してみましょう。

 

もしかしたらかなりのキャッシング枠を持っていて、それだけで総量規制を超えてしまっていて、審査に落ちている可能性があります。

 

実はこれで引っかかってしまっていて、なんで借りられないのかと思っている人が結構いたりするのです。

クレジットカードのキャッシングとは?

クレカキャッシングのメリット

既にクレジットカードに付帯しているので、改めて申込みや審査を受けずに利用できます。

 

カードを作ったときに、あえて、キャッシング枠を不要として申し込みをしていない場合、自動的に最低額でつけている場合が多いです。

 

だから、お金が急に必要になった時に、すぐにお金を用意できることでしょう。

 

返済も、ショッピングと同じ口座から引き落とされるのが普通なので、振込などの返済の手間がかかりません。

 

キャッシングの利用枠とは

クレジットカードでは、ショッピングの利用枠とキャッシングの利用枠がそれぞれショッピングは50万円まで、キャッシングは20万円までと言うように設定されています。

 

通常、ショッピング利用枠のほうが多く、金利もキャッシングに比べると低く設定されています。

 

カード会社によっては別々ではなく、キャッシング枠がショッピング枠に含まれている所もあります。

 

利用枠は各会社により、審査が行われ、借入額や金利などの条件が決まり、決められた借入額の範囲内でのみお金を借りる事になり、信用力のない方は審査に落ちることがあります。

 

利用枠内でのキャッシング注意点

キャッシング利用金額を丸々借りる事ができると勘違いされている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

例えば、ショッピング枠60万円、うちキャッシング枠30万円というクレジットカードで、

 

ショッピング枠で既に40万円を利用していた場合、キャッシングの借入可能額はキャッシング枠としての30万円を全額借りられるのではなく、

 

60万円ショッピング枠−40万円(ショッピングで使用)=20万円(キャッシングの借入可能額)までとなります。

 

キャッシングの金利

金利はクレジットカードのグレードによっても変化し、ゴールドカードなどでは金利が低くなります。

 

これはカード発行時にカード保有者の審査を行っており、ゴールドカード保有者のほうが一般カード保有者よりも信用力が高く、カード会社にとってお金を貸すリスクが低くなるからです。

 

貸金業法により上限金利が決まっているためクレジットカードのキャッシングの金利は、消費者金融とほぼ同じです。

 

クレカキャッシングのデメリット

一般的にクレジットカードのキャッシング利用時に、利用金額に応じてATM手数料が掛かります。

 

アコムらプロミスのように、初めての場合の無利息期間がついていたりはしませんので、借りたその時から利息が発生します。

 

消費者金融では、カードの利用に手数料がかからないところが多いので、こちらの方が有利なのです。

 

キャッシングの返済方法

主に1回払いとリボルビング払い(リボ払い)があります。

 

  • 1回払い:元金と利息を一括で返済する方法
  • リボルビング払い:カードの利用件数や金額に関わらず、毎月の支払額がほぼ一定になるのが特徴

リボルビング払いの返済期限は30万円以下の場合は原則3年以内、30万円を超える場合は原則5年以内となっています