キャッシングせずにお金を借りる:悪用禁!

友達からお金を借りたら、友情をなくすといわれますが・・・

 

それでも、家族、知人、友達、祖父母などから、お金を借りたほうが、安心です。

 

ちゃんと返せるあてがあるのであれば、また常習犯でなければ、上手な言い訳をして借りたほうがいいのは確かです。

 

だって、お金を借りるのは、怖いですし、利息もつきます。信用情報にも記載されます。

 

申し込み自体が怖くてできないという人もいるでしょう。

 

そんな方のために今すぐお金を借りるための上手な言い訳を伝授しましょう。

 

妻からお金借りる上手な言い訳

結婚すると今まで自由に使えたお金も奥さんが管理するようになる、今まではことあるごとにお財布からお金を使えたものの、管理者が要るので自由に使えなくなる不便さがあります。

 

毎月、5万円などのようにお小遣いを貰える人もいれば、必要な時に奥さんに頼んでお金を貰う人など様々ではないでしょうか。

 

外に出れば男は10人の敵がいる、先立つものがなければ戦は出来ぬ、など時代劇に出て来そうなセリフで借りようとしてもお財布の紐をしっかりと握っている奥さんは中々貸してくれないケースも多いのではないでしょうか。

 

お小遣いを毎月貰っている男性などの場合は、貰っている以上の金額を借りることが出来ない、そのため、毎日のランチ代はなるべく節約、飲み会の時の費用もなるべく安いお店を選ぶなど苦労を強いられている人は多いと言えましょう。

 

毎月決まった金額を貰える人は貰ったお金でやりくりを行う、それ以上は借りたくても借りることが出来ないので諦めている人も逆に多いのではないでしょうか。

 

どうしても必要になった時には、お財布の紐を握っている奥さんに言い訳をして借りる、たまになら貸してくれる奥さんも多いわけですが、頻繁になれば生活費との兼ね合いで借りることが出来ないことも少なくありません。

 

しかしながら、お金を借りる時の言い訳には本当に困ったことになった、どうしてもお願いしたことがある、などのように言い訳の切り出しをせっぱつまった形で伝えるのも効果的です。

 

また、買い物に利用するのであれば、今これを買えばこのくらいのことが出来るなども貸して貰えるチャンスが広がって来ます。目的を明確にしておいてそれを伝えれば良いわけです。

 

夫婦間でもお金を借りると言う事であれば、当然返さなければなりませんが、来月には必ず返す、借用書を用意するなど、確約を行うことも効果があります。

 

また、今お金を借りられないと金融業者に行かなければならないなどのような言い訳も効果が期待出来ます。

急場をしのぐ!知り合いからお金を借りる方法

今は消費者金融で即日借り入れがあるため緊急でお金が必要になっても安心です。

 

しかし消費者金融は利息も払わなければならず、返済額が借入額よりも多くなって少し損をします。

 

知り合いからお金を借りるだけなら好きな時に借りた分だけ返せば良いので一番楽です。

 

知り合いからお金を借りる方法をマスターすれば快くお願いを受け入れてもらえ、人間関係の悪化につながることもありません。

 

ポイントは相手に同情してもらう状況を作ることです。

 

可哀想と思われることはプライドが傷付くという人もいますが、同情している時点は相手は上から目線になっておりお金を貸すなどの施しを与えても良いと考えています。

 

自分より不幸な人を見ると相対的に自分の幸せを実感し、広く他人に優しくなろうと思うものです。

 

財布を落として今月のお金が無くなった
すぐにお金を作らないと家賃が払えなくて追い出される」など、何とも可哀想な自分をアピールします。

 

一流の役者にでもなったつもりで迫真の演技で迫ります。

 

嘘がバレると同情されなくなるので、友人の視界に入っている時は終始切羽詰った雰囲気を出し続けましょう。

 

多少はお金を自由に使える知り合いであれば、お金が無くて困り果てている人を見てお金を貸してくれます。

 

数百万円もの大金は貸してくれませんが、数万円くらいなら借用書無しで借金が成立する可能性が高いです。

 

このまま「ありがとう」と言ってそそくさと退散するのも良いですが、相手との信頼関係を維持したいのならばいつまでに返済できるかをはっきり伝えておきます。

 

「給料日にはまとまったお金が入るから返せる」と言うのが説得力もあり、一度約束を守れば今後も困った時に頼りになります。

 

大切な友達だからこそお金の貸し借りはしたくないという人もいます。

 

これはお金が人間関係をおかしくすることをよく理解している人で、このような人には何をやってもお金を引き出すことはできないので諦めて他の知り合いを探すのが賢明です。

最後に残された僅かな希望!おばあちゃんにお金を借りる方法

お金に困った時、身内に借りるという方法が思いつくかたも多いでしょう。

 

一番身近なのは親ではありますが、親はお金を貸してほしいというと言い出しにくい方も多いはずです。

 

そんな時はおばあちゃんを頼ってみてはいかがでしょうか?

 

おばあちゃんしか頼る人がいないと言えば、可愛い孫のために貸してくれるおばあちゃんも多いものです。

 

実際におばあちゃんにお金を借りる方法はどうすればよいのでしょうか?

 

まず、事前に大切なのは返済の予定をたてることです。

 

返さなくていいよ」と言ってくれる優しいおばあちゃんもいると思います。

 

家庭により事情は違いますが、年金や老後のために一生懸命貯めたお金で生活している方がほとんどです。

 

また、おばあちゃんが心変わりすることも考えられます。

 

身内とはいえ、しっかりと書面などで金額や返済予定などを残しておくようにしてください。

 

また、年に1回会うか会わないかといった程度しか会っていなかったり、何年も会っていなかったりする場合突然借りに行くのはおすすめできません。

 

もちろん電話で「お金を借りたい」とお願いするのも控えましょう。

 

お金のために会いに来たという印象をもたせないのが礼儀です。

 

借りたいのであれば年に数回は顔を見せている状態でお願いすることをおすすめします。

 

借りることができたら顔を出さなくなるというのもおばあちゃんは良い気分はしないものです。

 

可愛い孫と思ってくれているからお金を貸してくれたのです。

 

できる限り顔を見せるようにするようにしましょう。

 

借りる時は目的をしっかりと説明することも大切です。

 

理由など言わなくても貸してくれるおばあちゃんもいるでしょう。

 

しかし、お金の貸し借りをする際はしっかりと理由を説明した方が、今後の関係性を維持するには大切です。

 

使い道がはっきりしないと「お金にだらしない」という印象を持たれてしまうことがあります。

 

おばあちゃんにお金を借りた場合、金融機関のように明確な返済期限はなく利息もかかりません。

 

お金を借りるというのもおばあちゃんに甘えるということではありますが、しっかりとお金の使い道を説明して、借りたお金は返すという面では甘えることのないように上手にお金を借りましょう。