学生といえどもお金が必要になるシーンは意外と多いです。

 

付き合いやイベント、急な用事など困ったことがある経験を持つ人はとても多いのではないでしょうか。

 

実際に僕は、学生の時に、中古車を購入して、バイトのお金でローンを支払っていたのですが・・・

 

あるとき、引き落としを忘れていて、つい使いすぎてしまっていて、口座残高が足りないことに前日にきづいて焦ったことがありました。

 

親に借りに行く都合もつかなくて、あわてて1週間だけ消費者金融で借りて、入金したことがありました。

 

そのようなことは、結構あるもので、そこで諦めて、事故扱いになってしまうと、信用が傷ついて後で困ったことになります。

 

だから、キャッシングしてでも、返済は遅らせない様にすべきなのです。

 

学生だからお金を借りる事は難しいと考え諦めている人もまた多いですが、それは誤解です。

 

一定条件を満たすことさえできれば、借りる事はできます。

 

借り入れができる会社によっても条件はまちまちですが、一般的に20歳を超えていること、アルバイトなどで一定の収入がある事の2点を求めるところが多いです。

 

近年そういった会社は増加傾向にあり、借入金額や条件の緩さなどから選ぶことができます。

 

学生であることを生かして奨学金を利用する方法もあります。

 

ただ奨学金となると勉学のためにしかお金を使うことができませんし、それ以外に使用していることがわかると打ち切られてしまう可能性だってあります。

 

そもそも、親の収入や本人の成績基準等条件が厳しく、借り入れまでに時間や手間がかかるのが常です。

 

その点カードローンなどを利用すれば素早く、簡単に借りることができます。

 

その日のうちの融資だって可能です。

 

親やアルバイト先に内緒でお金を借りることもできます。

 

周りの目を気にして借り入れに二の足を踏む人はとても多いですが、バレずに借りられるとすれば、一気にハードルが下がります。

 

アルバイト先に在籍の確認を電話する際も、会社名を名乗らず確認をしてくれるなどの配慮をしてくれるため、安心です。

 

カードローンを利用する場合は多くの会社から選ぶことができるため、同じ金額を借りたとしても返済額に違いが出る場合があります。

 

単純にいくら借りるのかを決めたら、返済がどのくらいになるのかを事前にシミュレーションしておくことが大切です。

 

その際、いつ返すのかも考えておくと良いです。

 

短期間であれば無利息でお金を貸してくれるところもあります。

 

借りた額をそのまま返せば良いのでとてもお得です。

 

その他、期間限定のキャンペーンなどが打たれる場合もあり、さらにお得にお金を調達することもできます。

 

アルバイト等による一定の収入が必要だとしても、短期のバイトや単発のものでも審査に通る事はあります。

 

ウェブなどで申し込みができるところがほとんどなので、まずは気軽に検索したり問い合わせてみると良いです。

 

とにかく、返済を滞って、信用を傷つけると、就職にも影響する場合もありますので、事故扱いで信用情報を傷つけないようにしてください。